【レビュー】7月15日にサービスインした月額299円からの「新FREETEL SIM」を使ってみた!

DSC08714.JPG

フリーテルはこれまでも、格安SIMを展開してきましたが、自社でレイヤー2接続することで独自サービスで展開する新SIM「FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン」を15日に発売しました。フリーテルのサイトの他、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの店頭でも取り扱っています。

さっそく、ヨドバシドットコムで購入したのでファーストインプレッション記事です。

FREETEL SIM|FREETEL(フリーテル)

スポンサーリンク

「新FREETEL SIM 使っただけ安心プラン」はまさに求めていた料金体系だ!

Untitled

ドコモ、au、ソフトバンクに限らず、MVNO業者でもデータ通信量によってプランを契約する必要があります。「今月は3GBほどかな?」とか「よく使うから7GBにしよう」とか。

プランの容量を超過した場合は低速化し、解除するには高めに設定されたデータ料を支払わなければいけません。何となくペナルティーっぽくてヤな感じです……。それが嫌なのでどうしても多めのプランを選択している人が多いのでないでしょうか。

新FREETEL SIMの月々「使った分だけ安心プラン」は100MBまで月額299円からスタートし、1GBまで499円、3GBまで900円と自動的に使った分だけ請求される仕組みとなっています。

いちいちプランや月々のデータ量を気にする必要が無いのは嬉しい限りです。上限は10GBに設定されており料金も2,470円で頭打ちになるのも安心感があります。(ただし速度は200kbpsとなります。)

「節約モード」を搭載しており、通信速度を高速・低速で任意で設定できます。節約モードをONにすれば200kbpsに制限されますが容量はカウントされません。

Untitled

SIMには「データ専用」と「データ専用+SMS」と「音声通話付き(通話+データ+SMS)」の3種類あります。(サイズもnano、mini、標準の3種類)

料金はそれぞれ上表の通り。データ専用が最安で、SMS付きは+140円音声通話付きは+700円という価格設定です。

節約モードをONにすればSMS付きSIMカードを439円で所有できます。音声通話付きも999円です!! これは安い!!! また、音声通話付きには2年縛りがないのも太っ腹です。

シンプルで分かりやすくまさに理想のプランと言えます。

※無駄のない料金プランを自動で選択されるので余ったデータの繰り越しはありません。

開封の儀

DSC08715.JPG

これがパッケージです。私が買ったのは「データ通信専用+SMS nano SIM」です。やっぱりSMSは必要かな、と思うのです。

DSC08718.JPG

裏面には注意事項とSIMの有効期限が書かれています。

DSC08720.JPG

パッケージを開けるとSIMカードとお問合せ先が目に入ります。

DSC08722.JPG

見開きを開くとAPN設定とご利用までの流れが説明されています。

DSC08727.JPG

SIMチップを取り出してみましょう。新FREETEL SIMもdocomoの回線網を利用しています。FOMA網、Xi網なのでエリアは安心ですね。

DSC08729.JPG

iPhoneにセットしてみましょう。ちなみに私のiPhone 6はSIMロックフリー版でーす!

以上、開封の儀でした。

申し込み&APN / プロファイル設定

Untitled

まずはSIMカードを登録、支払い情報を登録します。アクティベートですね。データ通信専用、データ通信専用+SMSの場合、登録後すぐに使えるようになりますよ!!

FREETEL SIMパッケージ版をご購入の方

Untitled

続いて、APN設定をします。Androidの場合は複数のアクセスポイントを設定できますが、iPhoneの場合はプロファイルのインストールが必要となり、他社のMVNOを利用している場合は前に利用していたプロファイルを削除する必要があります。

FREETEL SIMパッケージ版をご購入の方

通信量は「会員専用ページ」の「節約モード設定」で確認できる

Untitled

現在の通信量は「会員専用ページ」にログイン後、「節約モード設定」画面に入ると「使用量」の欄で確認できます。

ついでに節約モードをONにしておこうっと!ボタン一つで切り替えができますがIIJmioのようにアプリがあると便利なんだけどなぁ。

気になる通信速度は?

IMG_7439

LTEの電波強度は2つとあまり良くない状態での計測結果です。大阪府内で午後8時。しかも台風接近中という状況です!(笑)

何度か測定しましたが、下り3Mbps前後、上り1Mbps前後でした。決して高速な結果ではありませんでしたが,これから利用者が増えても安定した速度がでるか?が重要です。

しばらく契約を継続予定ですのでいろんな場所、時間帯に計測してみたいと思います。

IMG_7442

ちなみに、「節約モード オン」(低速200kbpsモード)の速度はこんな感じ。下り100kbps、上り70kbps。Twitterでもちょっと辛い速度かな〜。

さいごに

今回は利用頻度が少ないため、ファーストインプレッションをお届けしました。自社でレイヤー2接続している会社はIIJやOCNなど数社しかないらしく、フリーテルの本気度がうかがえます。

これまで提供していた、「フリモバSIM」ブランドは今後終息すると思われます。新FREETEL SIMへ移行を進めていくようです。事務手数料やMNP手数料を免除するなどいい対応ですね。

データ通信だけでなく音声通話SIMも違約金がまったく発生しないFREETEL。違約金を気にすることなく使い始められるのはいいですね!! 気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
【レビュー】7月15日にサービスインした月額299円からの「新FREETEL SIM」を使ってみた!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin