【レビュー】eneloop/EVOLTA 急速充電器Panasonic「BQ-CC11」を買って使ってみた

DSC00653.JPG

ゲーム機コントローラにマウス、キーボード、おもちゃ、ポメラと、わが家では乾電池を使う家電機器が多く存在します。エコ&節約の観点から必需品なのが、eneloop などの充電式乾電池。eneloop 関連の記事は、ひとぅブログでも何度も登場しているお気に入りです。

充電式なので、電圧が低下した後は再び充電器で充電することで何回も利用可能。(種類によって回数に差があります。)

これまで、充電器はeneloopにセットで付属していた、NC-TG1を使っていましたが、このところ、フル充電できていないなど、挙動が不安定だったので買い換えることを決定しました!!

今回、購入したのは、「Panasonic 充電式電池専用急速充電器 単3形・単4形 BQ-CC11」(2,227円)。

た、高い!!

1,445円と約700円も安い「Panasonic 充電式電池専用急速充電器 単3形・単4形用 BQ-CC21」もあるのですが、若干、人柱レポート的なところがありますが、上位機種のBQ-CC11を買ってみましたよ〜。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC00641.JPG

パッケージはこんな感じ。エネループの他、充電式EVOLTAの充電も可能ですよ!

DSC00645.JPG

製造年月が書かれています。2013年4月……。え? 1年7カ月も経過しています。保証は購入日を基準になるんですよね〜。うむ、若干不安。

DSC00647.JPG

パッケージ裏側に特徴などが書かれています。

DSC00648.JPG

急速充電が可能で、最短約2時間で充電可能です!

DSC00650.JPG

同梱物は、急速充電器と取扱説明書。以上です!

DSC00651.JPG

BQ-CC11本体。ECONAVIランプが最大の特徴です。

DSC00653.JPG

カバーを開けると電池ボックスが現れます。単三、単四電池が最大4本、同時充電可能です。各電池ごとにLEDがあり充電の状態を確認できます。

DSC00654.JPG

本体裏側には充電表示LEDの意味が書かれています。充電中では点灯、充電完了で消灯します。

DSC00657.JPG

コンセントは収納可能です。利用するときは起こします。

DSC00658.JPG

横から見るとこんな感じ。シンプルですね。

BQ-C11を使ってみた

DSC00659.JPG

実際に、BQ-C11を使ってみました。eneloopを充電してみました。eneloopを取り付けると、約2秒間点滅してチェックが走ります。電池ごとに充電状態を確認できるLEDがあります。点灯していると充電中です。

DSC00661.JPG

カバーを閉じることもできます。……が、何の意味があるのでしょうか?まったく効果が不明です。(^^;)

充電が終わった電池は、LEDが消灯するので個別に次の電池を充電できるのが便利です。急速充電なので充電時間は速いです。

また、NC-TG1で充電完了したeneloopは、G700sに装填すると残量表示は100%にはならず、いつも70%程度でしたが、BQ-CC11で充電したeneloopだと、100%になりました!! しっかりと満充電できている、ということですね。

BQ-CC11のここがGood!

  • 急速充電が可能
  • 充電が独立して可能
  • 待機電力がゼロ

急速充電&独立して充電状態を確認できるのはいいですね! 待機電力が0.005W未満なので刺しっぱなしでも気にならないですね。

BQ-CC11のここがうーん!

  • 価格が高い
  • 700円も安いBQ-CC21とほぼ同じ機能
  • エコナビ機能の効果がよく分からない

一番の問題は価格が高いと言うことですね。2,000円オーバーははっきり言って高過ぎるかと……。エコナビの効果もよく分からないですね。

BQ-CC11の特徴

おさらいでBQ-C11の特徴を見ておきましょう。

  • エコナビ機能付
  • 待機電力ゼロモード搭載
  • 電池クイック診断機能付
  • スマートチャージ機能付
  • 充電式エボルタ、エネループの両方の充電池に対応したハイエンドの急速充電器
  • 単3、単4形合わせて4本同時に急速充電可能
  • 充電LED表示4個付(独立充電表示:1本ごとに充電の状態を表示する機能)
  • 海外対応(AC100-240V)

BQ-CC11より、700円ほど安い、BQ-CC21との差は上の2つだけ。確かに待機電力が0.005W未満なのはGoodなんですが、利用しないときはコンセントから抜いておけばいいですし、その他の機能はすべて搭載されているんですよね。

まとめ

BQ-CC11は急速充電器として死角はありません。しかし、BQ-CC21とほぼ機能は同じなわけで、BQ-CC21が同梱された、「Panasonic eneloop 単3形 4本付 充電器セット K-KJ22MCC40」(1,660円)ならば、単3形が4本も付いて、BQ-CC11よりも500円もお得です。

BQ-CC11は素晴らしいですが、BQ-CC21が同梱されたセット品がもっともお勧めです!!

スポンサーリンク
【レビュー】eneloop/EVOLTA 急速充電器Panasonic「BQ-CC11」を買って使ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin