【レビュー】格安SIM「480円プラン」WIRELESS GATE WiFi+LTE の特徴と使用感レビュー

DSC09952.JPG
先日、ヨドバシ.comで購入した、ファーウェイのAscend P7。単品販売では50,540円(10%ポイント還元)ですが、ヨドバシカメラのSIMカードのセット販売だと48,320円(10%ポイント還元)とお得になるので、そちらをチョイスしました。(Ascend P7のレビュー記事は前回の記事をご覧ください。↓)

【レビュー】HUAWEI最新SIMフリースマホ「Ascend P7」開封の儀&ファーストインプレッション(iPhone 6 Plusとの差も) | ひとぅブログ

私が選択したのは、「ヨドバシカメラオリジナル WIRELESS GATE WiFi+LTE ¥480プラン(SMS機能付き+¥150)」。なるほど他社にはないおもしろいプランを提供してきたな。といろいろと感心しました。

今回は、WIRESS GATE WiFi+LTEをご紹介します。

スポンサーリンク

「プラン」、「特徴」、「注意点」は?

DSC09954.JPG

プラン

wiressgate

ヨドバシカメラのサイトでは一覧性が無くて分かりにくかったのですが、ワイヤレスゲートさんのサイトで分かりやすい表があったので引用させていただきました。

ちなみに、私は2行目のプランです。

特徴

この表から分かるのは以下のとおり。

  • プラン変更は後からできない
  • SMSは2,480円プラン以上で標準機能、追加費用不要
  • 920円プラン以上で通信量制限に達しなくても翌月へ繰り越し無し

また、補足として以下の特徴も抑えておきたいところです。

  • 3種類のSIM形態(標準SIM/マイクロSIM/ナノSIM)を準備
  • SMSは送信3円(税込)、受信無料
  • すべてのプランで通信量チャージオプション利用可(540円(税込)/200MB)
  • 全国40,000箇所のアクセスポイントのワイヤレスゲートWi-Fiを無料で利用可
  • ドコモの回線を使ったMVNO
  • 事務手数料は不要
  • 違約金無しで解約OK
  • 解約付きは日割りで精算
  • 音声プランは無し

注意点

特徴のなかにもあるとおり、途中でプランの変更はできません。SIMの変更サービスもありません。一度、解約して再度加入が必要です。サービス内容を極限まで減らしてコストカットをしている結果なのでしょう。

使ってみた感想

通信速度は?

Screenshot_2014-10-12-10-53-26 Screenshot_2014-10-14-20-18-01

自宅付近は電波状況がよくなくて、LTEが入りづらいので、Highスピードに。250kpbsがベストエフォートですが、Highスピードでも300kbs越え。ひょっとしたら、LTEにならないのかも?と心配しましたが、都会に出たら、ちゃんとLTEに切り替わりました。(^^;)

測定結果は、まさかの500kbps越え!!これはすばらしい!!

体感速度は?

300kbps〜500kbpsは、メールやTwitter、Facebook程度なら特に大きなストレスは感じませんでした。数十Mbpsの速度に慣れてしまった身としては、一瞬、待つ感は確実にあります。地図やテキストに特化したサイト意外は、閲覧にストレスを感じるでしょう。

そもそも、480円プランはメイン回線としてではなく、用途を限定したサブ回線なら納得感、お得感があるのだと思いました。

さいごに

480円プランは今のところ250kbps以上の速度が出ています。

正直なところ、同時に申し込んでいた、ぷららモバイルLTE 定額無制限プランがとどくまでの、“つなぎ”と、あまり期待していなかったのですが、いい意味で予想を裏切ってくれました!!

料金的なメリットを考えると、他のプランは10月から他社(IIJmioやOCN モバイルONEなど)が突き放すプランをでしてきましたので、後からプランの変更もできませんし、480円プラン以外を選択するメリットが低いかもしれません。

余談ですが、11日に申し込み手続をしていた、ぷららモバイルLTE 定額無制限プランが昨日(14日)に届きました!速い!!まだ、利用時間が短いのでもう少し使ってからレポートをしますね!!おたのしみに!!(^o^)

スポンサーリンク
【レビュー】格安SIM「480円プラン」WIRELESS GATE WiFi+LTE の特徴と使用感レビュー
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin