【開封の儀】iPhone 6 Plus (SIMフリー)がやってきた&ファーストインプレッション

DSC09288.JPG
9月19日、ついにiPhone 6 Plusが発売になりました!! Apple Store オンラインで購入した(Apple Store オンラインで iPhone 6 Plus を購入完了!大混雑の中で予約から購入完了までの覚書 | ひとぅブログ)のですか、予約が開始後の12日16時37分に手続が完了しました。19日分になんとか間に合いました!!

今朝、9時27分、嫁から一通のメールが。

「例のブツが届きました。」

早すぎる!! まだ仕事が始まったところやし!!!と、はやるきもちを抑えて一日、お仕事をがんばりました!!

午後6時45分、帰宅して早速開封の儀を執り行いましたので、iPhone 5sからの復元完了までと、ファーストインプレッションをご紹介します。

ちなみに、iPhone 6が到着までに事前準備をしていたので、Twitterでつぶやきながら開封をして、復旧が完了するまで、1時間半でした!!なかなかスピーディーでした!!(【前準備】新しいiPhoneが届くまでに前準備でやったこと3つ | ひとぅブログ

スポンサーリンク

開封の儀

DSC09245.JPG
Apple Store オンラインで購入したら、こんな箱で届きました。配送業者はヤマト運輸さん。ありがとうございました!!

DSC09247.JPG
段ポールを開けると、iPhoneの箱がお出ましだ〜!!

DSC09248.JPG
しっかりとパッケージされていますね。

DSC09253.JPG
この真っ白な箱が今回のiPhoneの箱。

DSC09255.JPG
裏はいつもと同じ感じ。

DSC09254.JPG
横はアップルロゴとiPhoneの文字のみ。iPhone 6 Plus S でも流用するつもりやな!!(んな訳ない!!)

DSC09261.JPG
ではビニールを開けていきましょう。いつも爪を差し込んで切り込みを入れる必要があって爪がないときは辛いです。

DSC09262.JPG
ごれが素のiPhone 6 Plusのパッケージです。

DSC09264.JPG
どうですか?かっこいい? エンボス加工はされていますが、私はシンプルすぎてメッセージ性も感じられなくてイマイチかなと感じました。

DSC09266.JPG
裏側の文章はこんな事が書かれてます。iPhone 5sとほぼ同じ内容ですね。

DSC09269.JPG
開封しました。iPhone 6 Plusです!! 写真ではその大きさが伝わらないですがとにかく大きい!

DSC09271.JPG
ふたを開けたらすぐに製品が鎮座する、このパッケージ手法もはじめは驚きましたが、慣れちゃいましたね。

DSC09273.JPG
この引き上げタブももちろん健在。

DSC09274.JPG
本体の下に付属品が入っていますがその引き上げやすいように出っ張りがあります。これも安定して健在。

DSC09275.JPG
でも、今回は、カメラの突起部を吸収するため凹みが。これは美しくない!!

DSC09276.JPG
付属品はいつもの品です。マニュアル類の入れものと、イヤホン、ACアダプター、Lightningケーブル。ACアダプターが1Aなんですが小さくないっすか?

DSC09278.JPG
マニュアル類の入れ物には、SIMトレイの引き出しピンがまず入っています。この止め方もはじめは斬新で驚きましたっけ。

DSC09279.JPG
その他には、おとなの事情の説明用紙、iPhone 6 Plusの簡単リファレンス、Appleステッカーです。

DSC09284.JPG
さて、iPhone 6 Plusをて取り出しましたよ!!成人男性の手で(大きさは普通)この存在感です。

DSC09285.JPG
ゴールドにしましたが、iPhone 5sよりも濃い、より主張の強い色合いです。

DSC09288.JPG
ではビニールを取ってみましょう。

DSC09293.JPG
ピリピリ〜。

DSC09294.JPG
カメラ部分にはビニールがないですやん。

DSC09296.JPG
私は裸族なので、このまま素のiPhoneを使いますよ。(後日、ガラス保護シートのみ貼る予定です。)

DSC09297.JPG
iPhone 5sと並べるとiPhone 6 Plusがいかに大きいかおわかりいただけると思います。

DSC09299.JPG
重ねると、二回り大きいですね!!

DSC09323.JPG
握る分にはがっちりホールドはできます。でも完全にいままでのiPhoneとは違うものになってしまいましたね。

DSC09328.JPG
裏はこんな感じ。高級感は減りましたね。

DSC09339.JPG
カメラの出っ張りです。1mmほどだと思います。慣れれば問題ないでしょう。でもAppleらしくはないですね。

DSC09302.JPG
全体的に丸みを帯びました。

DSC09332.JPG
背面はこんなデザイン。

DSC09306.JPG
この丸みのおかげで手にフィットします。薄く見える、感じる効果もありそうです。底にイヤホン、マイク、Lightningコネクタ、スピーカー(モノラル)が配置されています。

DSC09308.JPG
左側面に、マナーボタンとボリュームボタン。ここまでiPhone 5sと同じです。

DSC09315.JPG
これまでのiPhoneと一番の違いは、電源ボタンの位置が上部から右側へ移動しました。これが一番慣れが必要かも。

DSC09317.JPG
どうでしょうか?これまでのiPhoneと違って、かわいらしいといった印象。

DSC09319.JPG
いつものことですが、はじめは違和感があってもすぐに馴染むのでしょうね!!

以上、開封の儀でした。

復元の儀

DSC09337.JPG
続いて、以前のiPhoneの環境を復元する、復元の儀を執り行います。え?初めて聞いたって?だって初めて言ったもん!!

DSC09341.JPG
iPhone 6 Plusの電源をONにします。Hello!設定を進めていきましょう。

DSC09351.JPG
SIMフリー機ですが、「SIMが必要です」と表示され先に進められません。私はiPhone 5sで利用していた、au SIMカードを挿入してアクティベーションをします!

DSC09347.JPG
SIMトレイ引き出しピンでトレイを出します。

DSC09349.JPG
SIMを入れて奥まで差し込みます。放っておくだけで何も操作は必要ありません。1分ほどでアクティベーション完了です!

どのSIMも持っていない人はここから進められないのでしょうか?MVNOのSIMでも可能なの??など分からないところがありますが、iPhone 5sで使っていたSIMは問題なく使えました。

DSC09354.JPG
iPhoneを設定でいよいよ復元です。iCloudからも復元できますが、今回は安全をとって、iTunesから復元します。

DSC09358.JPG
約10分程度で復元完了。でもここからが長いんです。

DSC09359.JPG
再起動がかかりiPhoneの初期設定をします。

DSC09363.JPG
iCloud Driveは、OS X Yomiseteがリリース後にONにするため、「今はしない」を選択しました。

DSC09364.JPG
「拡大表示」なるものがなります。iPhone 5s以前の画面サイズと互換性を保つためのモードかと思ったら、iPhone 6と画面サイズを同じにできるモードなんだそうです。

DSC09366.JPG
初期設定完了です!!

DSC09368.JPG
アプリのインストールが一番時間が掛かります。移行前にできるだけスリム化しておくことをおすすめします!!

DSC09372.JPG
30〜45分ほどで完了しました。復元全体で1時間弱の所要時間でした。

ファーストインプレッション

もう聞き飽きたと言われるかもしれませんが、やっぱり大きいです。でも画面を見てるとすぐに違和感はなくなりました。これは、Androidではなかった感覚です。

ただ単に私かiOSになれているため、すっと入ってくるのかもしれません。iPadを初めて使ったときの感覚に似ています。

一番のネックは普段の持ち運びと文字入力のしやすさの大きな変化です。片手フリックが不可能なのはすぐに分かりました。ATOKに期待したいところです。

また、全体の使用感や大型化して良かったこと、iPhone 6の方が良かったかも?と思える点がなるか?など、もう少し使ってみてレポートしますね!!!

スポンサーリンク
【開封の儀】iPhone 6 Plus (SIMフリー)がやってきた&ファーストインプレッション
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin