iPhone SIMフリー端末とMNPを利用してお得に賢くiPhoneをGET&活用する方法を考えてみた

SIMフリー
iPhone 5s が日本で初めて発売されたSIMフリー版iPhoneですが、あまり売れませんでした。理由は2つあると考えています。

  • iPhone 5s の発売2カ月後の発売だった
  • 価格がキャリア版と比較して高かった

発売直後ではなく2カ月後というのは、今考えれば絶妙なタイミングだなと関心します。キャリアに配慮したのは間違いなさそうです。ひょっとしたらiPhone 5sの時にAppleはSIMフリー版の発売をキャリアに打診したのかもしれません。

反発するキャリアとの折り合い点が「2カ月後の発売」と「ちょっと高めの価格設定」だったのかも。確かに当時のSIMフリー版に対しての評価は,「海外に行く人にはおすすめ」といわれていましたよね。

あれから1年弱。

Appleは万を持してのSIMフリー版の発売となりました。Appleの読み通り市場はSIMフリー版を好意的に受け止め、コアユーザーを中心に流れています。これもAppleの読み通りなのでしょう。

次のiPhoneでは、さらに競争が高まり、価格の安いMVNO業者やサービスが出てきているでしょうし、キャリアの都合で通話が少ないユーザーには不利な料金体系に不満を感じるライトユーザーの取り込みも想定していると思われます。

前置きが長くなりましたが「SIMフリー版って結局どうなの?」の疑問に少しでも解決できるヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

SIMフリー版とキャリア版のどちらを買えばいいの?

まず大前提に、あなたが以下の考えに同意できるか?が重要になります。すべてでなくてもいいですが,「何言ってんだこいつ」と現時点で思われる方は、今まで通りキャリアのiPhoneを使われることをおすすめします。

あなたの iPhone LOVE度をチェック

  • iPhone は常に最新を使いたい
  • MNPすることに抵抗はない
  • MMSはもう使わない覚悟ができる
  • 少しでも安くお得にiPhoneをGetしたい

この内容にうんうん!そうだという方はSIMフリー版がいいかもしれません。

MNPを活用して毎年買い換えよう!

一番のポイントは、「毎年買い換え」と「MNP」です。

どういうことかと言うと、ご存じの通り、各キャリアの契約は、2年縛りで端末代を安くなる見せ方をしています。しかも、新規/MNPの場合と機種変/一括購入で、実質負担額に差をつけています。

たとえば、iPhone 6 16GBなら各社自己負担額が0円、機種変なら11,664円〜14,520円の負担となっています。新規顧客獲得のために既存顧客からの料金を補填しているということです。

MNPという制度があるのですから私たちユーザーもうまく活用させてもらいましょう。

ただ、毎年、MNPしては約1万円の解約金がかかりMNPと機種変の価格差が一気に吹き飛びます。そう、MNPを活用するのは2年に一度です。

残りの1年はSIMフリー版を買って乗り切る!というわけです。

え?それだったら普通に同じキャリアで機種変した方がいいのでは?と思いますよね。でもそれは違うと私は考えています。

支払い総金額は機種変更も一括購入もSIMフリーもほぼ同じです。(2,000円〜8,000円くらい)この価格差が惜しいなら、SIMロック版を選択すればいいと思います。

SIMフリー版を選択する理由は以下の通り。

  • 海外へ行ったときに現地のSIMカードを利用できる
  • docomo、auのMVNOのSIMが利用できる

特に2つめは魅力的ではないでしょうか?

具体的に言うと、私は(あなたは)毎年、新しいiPhoneを使いたいですが、前のiPhoneはどうしますか? 下取りに出す人、iPod touch化する人いろいろだと思いますが、ご家族の携帯電話として譲ってはいかがでしょうか?

スマートフォンの通信費はとても高いです。電話もネットもほとんどしないのに!!という方も多いはず。ここ1、2年ほどでライトユーザー向けに、格安SIMが注目を集めていますが、余った端末は、MVNOの格安SIMで運用可能となります。

SIMカードの運用案

  • 2013年9月 iPhone 5s購入(docomoまたはau)(SBの方は2014年に余った端末活用はできません)
  • 2014年9月時点で縛り残り1年、iPhone 6 SIMフリーを購入
    — iPhone 5s用に格安SIMを準備してご家族へ(docomoまたはau)
  • 2015年9月 SoftBank意外にMNPしてiPhone 6s(?)を購入
    — iPhone 6用に格安SIMを準備してご家族へ(docomoまたはau)
  • 2016年は2014年に戻る

今後、各キャリアが何らかの施策の変更があれば大きく変わる可能性はありますが、現時点ではこの運用がランニングコストを抑えるために最善であると考えます。

iPhoneはこれまで、2、3年は現役で最新iOSが使えています。うまく活用したいですもんね!!

余談

年末〜年度末にかけては、新規/MNPなら機器代金が0円(負担金ではなく機器が0円!)になったりします。このタイミングでMNPをすれば違約金なんて痛くもかゆくもないです。

私は、2014年2月にSoftBankからauに違約金ありでMNPしました。関連記事を掲載してますのでご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。(記事1記事2記事3まとめ記事

iPhoneの発売日にすぐに手に入らないのが難点ですが、絶対にお得です。

まとめ

なぜ、10万円近くもするSIMフリー版なんか買うのだろう?と不思議に思われていた方も、少しはSIMフリー端末の魅力をご理解いただけたでしょうか?

えっ?分からない??

おそらく大半の方は「なんか面倒だから機種変でいいや」となると思います。うちの嫁も何回説明をしても分かってもらえません。(興味がないから聞く気がないという話しも。)

少しでもお得に、そして楽しくiPhoneを使うための選択、それが、「iPhone SIMフリー版」です!!

スポンサーリンク
iPhone SIMフリー端末とMNPを利用してお得に賢くiPhoneをGET&活用する方法を考えてみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin