iPhone 6 / iPhone 6 Plus / Apple Pay / Apple WATCH が発表!

iPhone6/6Plus
Appleは、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 6」と大画面化した「iPhone 6 Plus」を発表しました。9月12日から予約開始、19日に発売。キャリアは、ドコモ、au、ソフトバンクと従来通り。

iPhone 6は4.7インチ(1334×750ピクセル、326ppi)、iPhone 6 Plusは5.5インチフルHD(1920×1080ピクセル、401ppi)の「RetinaディスプレイHD」。

ついに、NFCを搭載し「Apple Pay」で利用可能。Apple Payは当面、日本では利用できないようです。日本の電子マネーサービスも利用できないようです。

iPhone 6、iPhone 6 Plusとも16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトモデルをラインアップ。米国価格はiPhone 6の16Gバイトが199ドル、64Gバイトが299ドル、128Gバイトモデルが399ドル。iPhone 6 Plusの16Gバイトモデルが299ドル、64Gバイトモデルが399ドル、128Gバイトモデルが499ドル。

SIMフリー版の価格は、iPhone 6の16GBが67,800円、64GBが79,800円、128GBが89,800円。iPhone 6 Plusの16GBが79,800円、64GBが89,800円、128GBが99,800円。

また、Phoneと連携する腕時計型のウェアラブル端末「Apple Watch」を発表しました。来年初頭に発売を予定し、米国価格は349ドルから。iPhone 5 移行が必要。

スポンサーリンク

ひとぅの感想

事前リーク情報はできるだけ見ないようにしていましたが、それでも目に入ってきてしまっていた情報とほぼ同じでしたね。。。

iPhone 6 と iPhone 6 Plusの違いは、画面サイズと解像度、カメラの光学手ぶれ補正の有無といったところでしょうか。これまで、163dpi、326dpiと進化しつつも守ってきた比率を、iPhone 6 Plus で401dpiになってしまった点が一番ショックです。(そこかよ!!)

Apple Payは当面、日本では使えないようですし、Edyやnanacoなどの電子マネーも使えないようです。Apple Payは仕方ないにしても、既存の電子マネーは使いたいですよね。

Apple WATCHは、まだできてなさそうですね(^_^;)。iPhone が必須のようですが、無くてもできる範囲はどこまでなのか?、利用可能時間はどうなのか?、iPhone との通信方式は何なのか?などなど分からないことが多すぎかな。いずれにせよ、iWatchという名前でなかったのが一番ショックでした。(そこかよ!!)

iPhone 6 と iPhone 6 Plus のいずれかのSIMフリー版を買うことになりそうですが、どちらのサイズにするか。12日まで悩みたいと思います!!

スポンサーリンク
iPhone 6 / iPhone 6 Plus / Apple Pay / Apple WATCH が発表!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin