【レビュー】Panasonicのヘアドライヤー「EH-NE55」はコンパクトなのに風量がすごい!

DSC08550.JPG
約2年半前に買ったコイズミのドライヤーが突然温風が出なくなる不具合が発生。無いと困るものなので、急ぎでPanasonicの「EH-NE55-N」を購入しました。(コイズミヘアドライヤーの記事はこちら

実はPanasonicのヘアドライヤーはつい先日も購入したところですが、すこぶる快適なので今回もPanasonicの別機種を購入したという流れです。(前回購入したEH-NE46の記事はこちら

前置きが長くなりましたが、EH-NE55を詳しく見ていきましょう。

開封の儀

DSC08538.JPG
パッケージはこんな感じ。神々しいですね(^_^;)。特徴は「大風量1.8m3/分」です。

KHD-1387/Nは1.4m3/分、EH-NE46は1.3m3/分なので風量の強さをおわかりいただけると思います。

ただ、ターボ時の温風の温度がEH-NE46では100℃ですがEH-NE55は80℃となっています。(80℃でも全く問題ない温度です。)

DSC08539.JPG
EH-NE46とおなじく「ionity」というシリーズとなります。

DSC08540.JPG
パッケージの裏側には特徴が書かれています。速乾ノズルで風圧がアップするのだそうです。

DSC08542.JPG
型番の末尾の「-N」は「ゴールド調」の意味合いとなります。(「調」ってねぇ……)

DSC08543.JPG
パカッと開けていきましょう。まずはケーブル。おもしろみがありませんよね。

DSC08544.JPG
その下に本体が入っています。

DSC08546.JPG
同梱物は本体と取説と製品登録カードの以上です。

DSC08548.JPG
本体は意外と重たいです。重量は510gもあります。

DSC08550.JPG
持ち手部分を伸ばすと重心のバランスは取れているので安定感がありますね。

DSC08551.JPG
正面から。速乾ノズルの独特な形状が特徴です。

DSC08552.JPG
上部にはマイナスイオンのノズルもあります。

DSC08553.JPG
裏側は蜂の巣みたいでカッコいい。ただし取り外しはできません。

DSC08555.JPG
こちら側の面も見ておきましょう。こんな感じ。

DSC08557.JPG
スイッチ部です。あれ?「SET」がないです。これは注意が必要です。

DSC08556.JPG
最後に正面から見ておきましょう。

以上、開封の儀でした。

スポンサーリンク

EH-NE55 のここがGood!

  • 風量が強い
  • 速乾ノズルで乾きやすい
  • 価格がリーズナブル

一言で言えば、お手頃価格だけど風量・風圧の強いドライヤーというところですね。Panasonicなので安心ですしね。

EH-NE55 のここがうーん

  • EH-NE46 と比較して温風の温度が低い
  • 若干重い
  • 「SET」モードがない

開封の儀でも書きましたが、この点が気になりました。でもこれらは、スペック上の話しなので単体で見ると全く問題ありません。

まとめ

風量のEH-NE55、バランス型のEH-NE46といった印象でした。コイズミのドライヤーは3年持たずに故障しましたが、Panasonicはどのくらい持ってくれるかな?? 

スポンサーリンク
【レビュー】Panasonicのヘアドライヤー「EH-NE55」はコンパクトなのに風量がすごい!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin