ソフトバンク一筋4年9ヶ月だった私がauのiPhone 5sにMNPしたファーストインプレッション

DSC07723.JPG
昨年9月に発売されたiPhone 5s。すでに多くの方が開封の儀をすませている中、2014年2月23日、我が家で開封の儀が執り行われました。iPhone 3GSから毎回行われてきた開封の儀ですが、今回も無事、執り行われほっとしております(^_^;)。

しかし、今回の開封の儀はいつもと違う点がひとつだけありました。キャリアがこれまでのソフトバンクからauに変わったのです。見た目に差はありませんがauのiPhoneです。ソフトバンクからauに変わって、まったく同じ条件ではありませんが、感じたファーストインプレッションをご紹介します。

ソフトバンクからauへMNPをした経緯や手続き方法について記事を書いています。よかったらご覧ください。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC07670.JPG
私が買ったのはiPhone 5s ゴールド 64GBです。キャリアはau製。開封の儀を執り行います。でも実際には既にショップのお姉さんに開封されてSIMカードがセット済みですけれど、ね!(^_^;)。

DSC07673.JPG
パッケージの上部と下部はおなじみのアップルロゴ。金色に光り輝きます。

DSC07674.JPG
側面にはiPhone 5sの表記が「S」はいつも枠で囲われているんですね。ロゴではSは大文字? 

DSC07686.JPG
今回はサクサク行きましょう(^_^;)。さぁ開封! iPhone 5sさんのお出まし〜。

DSC07691.JPG
ふたを開けると本体が見える。緩衝材が無いこのこん包手法は他社もまねするようになりました。

DSC07692.JPG
本体の下にはマニュアルです。

DSC07694.JPG
さらにその下には、EarPods、ACアダプター、Lightningケーブルといつものシンプルな付属品のみ。これだけで十分です。余計なモノは結局使わないですしね。

DSC07699.JPG
次にマニュアル関係を見ていきましょう。

DSC07701.JPG
SIMカードを取り出すピンが刺さっています。通常は使うことはありません。

DSC07703.JPG
簡単な名称説明の紙と、注意事項、さらにはアップルステッカー。以上です。iPhone 5の時よりさらに簡素化された?と思ったのですが、同じ構成だったようです。

DSC07713.JPG
ではiPhoneの保護シールを剥がしましょう。

DSC07719.JPG
ビリッ。

DSC07721.JPG
裏もビリリ。

DSC07723.JPG
これがまっさらのiPhone 5sです!すぐに汚れたり傷が付いたりするので、記念撮影をしておきましょう(^_^;)。

DSC07725.JPG
iPhone 5からの特徴である斜めのエッジはやっぱりカッコイイです。高度な加工技術を要するようです。

DSC07730.JPG
もう細かな説明は不要ですよね(^_^;)。

DSC07735.JPG
ただただ見とれるばかりです。

DSC07737.JPG
シンプルな中にエレガントさが何とも言えません。

DSC07739.JPG
実際には写真を撮影しながら「美しい!」と大声で何度も大絶賛していました(^_^;)。

DSC07750.JPG
ゴールドは裏側もカッコイイ。

DSC07753.JPG
iPhone 5はブラックだったのでホワイトがそろそろホワイトが欲しいと思っていたところにゴールドですよ。興奮まくりです。

DSC07756.JPG
このエッジ部分だけで10分は眺めていられます。

DSC07760.JPG
もうこれ以上のデザインの変更はいらないんじゃない?って思うほど。でもiPhone 6が出たら出たで、大絶賛してそうですが(^_^;)。

以上、開封の儀でした。

ファーストインプレッション

初めていちからセットアップしました

iPhone 3GSからiPhone 4、4S、5までは、iTunesでバックアップをして新しいiPhoneで復元という手法でアプリとデータを引き継いできました。

今年の6月で丸5年になるのでそろそろ出直しをしたいな、と思っていたこととauへMNPをしたこともあり、いちからセットアップすることにしました。

しかしこれが時間がかかりました(^_^;)。

バックアップからの復元だと通常、1時間程度で終わりますが、アプリのインストールからID、パスワードの入力、一通りの動作確認をするので、約100個のアプリをインストールし、実作業で7時間ほどかかりました(^_^;)。

iOSのバックアップ・復元の便利さを再認識したのでした。でもアプリの断捨離ができましたし、ID、パスワードが全てのアプリで整理できたのもよかったかな?と。

今回、いちからセットアップするにあたり気をつけた点、諦めた点をまとめておきます。

  • カレンダー、メール、連作先はGoogle、iCloudデータを引き継ぎ
  • 各アプリごとにデータ引き継ぎを検討
    • Gmailなどクラウドサービス上にある
    • アプリ単位でエクスポート/インポートできる
    • データはiTunesで取り出せる
    • まったく取り出せないものは諦める(ゲームアプリ)
  • MMS/SMSアプリのデータは引き継がない

アプリが保持しているデータをエクスポートできないものは諦めるしかありません。特にゲームアプリなどがそれに当たります。アプリごとに救出方法が違うのでひとつずつ見ていく必要があります。これについては、iPhone 5側で事前にやっておきました。

MMS/SMSアプリのデータも引き継げないので諦めましたが、iTunesのバックアップデータからCSV出力をする予定です。これについては別途記事でご紹介しますね。

今後はMMSを使わない

今回、MNPをする上でもっとも困るのが、MMSのメールアドレスが変わる点でした。@i.softbank.jpはほとんど使っていなかったですが、@softbank.ne.jpは家族・友人、各サービスで登録していました。

家族・友人との連絡はFacebook、LINE、Gmailのいずれかを使うことにします。親しい友人とは既にMMSの利用は減っています。メールアドレスしか知らない遠方や疎遠気味の友人へはGmailを連絡する予定です。

これまで登録した会員登録サービスについては重要なものについてはGmailへメールアドレス変更を実施しました。記憶にないものや重要度が低いものについては、諦めることにしました(^_^;)。また必要になったときに、Gmailのアドレスで登録しようと割り切ることにしました。

現時点で困っていないんだから、この先も問題無いだろうし、その時に考えようかな、と。何よりもリセットできた、というメリットがあったと思います。

スピードテスト

IMG_0021
IMG_0022
自宅でのスピードテストです。アンテナは4本ですが、下り10Mbps前後、上り5Mbps前後といったところです。

大阪市内でも何点か測定しましたが、今のことろ、大阪市内とその周辺ではソフトバンクの方が速いかな?という印象です。(約1.5〜2倍の速度差があります。)

もう少し移動範囲が広がるとauのエリアの広さや安定した速度を実感できるかもしれませんが、第一印象はそんな感じです。

実際に使ってみた感想

iPhone 5からデザインはほぼ同じですが、ブラックからゴールドに色が変わっただけでこれほども印象が違うのか、と驚いています。本体は美しすぎます。たまにブラックが欲しくなりますが、私は基本的にホワイトの方が好きなようです。

Touch IDは指を当てるだけで認証ができて便利ですが、まだ慣れていなくてパスワードを入力してしまってたりします(^_^;)。1Passwordなど起動時にパスワードを要求されるアプリにもTouch ID認証が使えると便利なのに。これって公開されていなかったのかな? 

本体の動作自体はiPhone 5より劇的に向上したという印象はありません。体感的にほぼ同じでサクサク快適です。64bitになったし、アプリもいちから入れ直したので超快適になるかも?と期待していたのですが、少し肩すかしな感じです。

2012年9月に発売された、iPhone 5でも十分快適ということ自体が本当に凄い事だと思うんです。iPhone 5sになりより安定してパワフルになっていると思うのでもう少し使い込んでいくと、本領が発揮されるかもしれませんね。

さいごに

今更ではありますがiPhone 5sの開封の儀とファーストインプレッションでした。iPhone 5とほぼ変わりないので目新しさは少ないですが内部的には劇的にバージョンアップしています。今後、新しい発見があると思うので楽しみです。

auの速度に関してももう少し使ってみてどういったところで強いのか?も見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
ソフトバンク一筋4年9ヶ月だった私がauのiPhone 5sにMNPしたファーストインプレッション
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin