iPhoneのカメラのギトギトよさらば!「HAKUBA レンズペン2 KMC-LP9B」を買ってみたらクリアな写真が撮れるようになった件

DSC04386.JPG
iPhoneにケースをつけない派である裸族の私。カッコイイiPhoneのデザインにほれぼれしつつも不便なことがありました。

それは、カメラのレンズに油膜が付着して撮影した写真がぎらつくという点。

普段はiPhoneを胸ポケットに入れているのでカメラのレンズが体の一部に接触しています。すると油がレンズについて汚れた状態に。メガネクリーナーで拭き取ってあげても結構なガンコさできれいに拭き取れず、暗所で照明を撮影すると一目瞭然。ぎらつきが気になって仕方がありませんでした。

ずーーーっと悩んでいたのですが、ヨドバシカメラでカメラお掃除グッズコーナーを見ていると「レンズペン」なるものを発見。カメラのレンズやビューファインダー、フィルター、さらには液晶ディスプレイを掃除するものまであります。

いろんな種類がある中で「HAKUBA レンズペン2 【ビューファインダー用】 マイクロプロ BK KMC-LP9B」を購入しました。

後から知ったのですが、HAKUBAのレンズペンは超有名で大人気の商品だったようです。iPhoneのカメラのレンズにも超最適なので今回は使ってみた感想をご紹介をしちゃいます! 

スポンサーリンク

開封の儀

DSC04377.JPG
こちらがパッケージです。「レンズペン マイクロプロ」。コンパクトなサイズです。第一印象は1,780円と高いな〜、でした。(後で覆させられましたが。)

DSC04378.JPG
「これ1本でカメラのビューファインダーがキレイ」。あれ?カメラのレンズじゃないの?と思われた方、ご安心ください。レンズにも使えますよ〜。(形状だけの問題なのです。)

DSC04379.JPG
「クリーニング液不要」というのもメリットですね。「指紋・汚れがきれいにとれる」とのこと。超期待。

DSC04380.JPG
パッケージ裏面にはさらに細かな説明が。逆にマニュアルは入っていないので、この内容がこの製品の説明のすべてだったりします。

DSC04381.JPG
「セーム革チップ+カーボン粉末(特許)で指紋や皮脂を残さず確実に吸着、さらに静電気を除去してホコリの付着を防止」。これも嬉しいですね。カーボン粉末が特許なのですね。他社製品と吹き上がりに差があると声を聞きますが、ここに大きな差が生まれるようです。

DSC04382.JPG
ブラシでホコリやゴミをまずは取り除き、その後にクリーニングチップでキレイにお掃除。たったこれだけ、簡単です。

DSC04383.JPG
クリーニングチップの寿命は1日5〜6回使ったとして約半年ももつとのこと。スペアヘッドがひとつ同梱されているので、1年くらいは持ちそうです。

また、使用上の注意で「本品は、カメラのビューファインダー、レンズ専用のクリーニング用品です。」と明記されています。ビューファインダーの他にもレンズにも問題無く使えます

DSC04384.JPG
製造者は「ハクバ写真産業株式会社」。プロが作る製品なので信頼度と完成度が半端ありません! 

DSC04385.JPG
さてパッケージから取り出してみました。

DSC04386.JPG
こちらがスティック。コンパクトなのでペンケースに収納しておけますね。(利用頻度が高い場合は胸ポケットでもOK!)

DSC04388.JPG
反対側にスイッチがあります。

DSC04389.JPG
押し上げると、ブラシが出てきます。山羊の毛だそうです。レンズにも優しいやわらかさとホコリを除去するのにちょうどいい堅さです。

DSC04390.JPG
反対側のキャップも外して見ましょう。時計の反対回りで外せます。

DSC04392.JPG
クリーニングチップがお出まし〜。セーム革チップ+カーボン粉末で劇的なクリーニング性能を発揮するとのこと。

DSC04393.JPG
私が買った「KMC-LP9B」は表面が平らなタイプです。iPhoneのレンズにも使いたかったため、平らなものを選択しましたが、レンズのみで使う方はレンズに沿って凹んだタイプなんかもありますので、用途によって選択しましょう。

DSC04395.JPG
こちらが同梱していたスペア。

DSC04396.JPG
キャップを取り出してみると……同じですね。紛失しないように保管しておきましょう。

以上、開封の儀でした! 

iPhoneのカメラレンズに使ってみた

お待たせしました。それではカメラのレンズがギトギトの私のiPhoneに使ってみたいと思います。

DSC04394.JPG
クリーニングチップが平らなのでiPhoneのカメラレンズにもフィットしてお掃除がしやすいです。油分がみるみる取れていくのが目で見て分かります! 

撮影サンプル

暗いところで照明器具などを撮影するとよく分かるので、掃除前と掃除後を見てみましょう。

IMG_3247
こちらがお掃除前。もうギトギト感満載の写真ですね。みなさんもご経験ありませんか? 

IMG_3248
こちらがお掃除後。どうですか?ピントが奥のカーテンに合っているのは私の技術がないので悪いのですが、ギトギトがきれいに無くなっています!! これは超いいです!! 

もちろん普通のカメラレンズにも使えます

IMG_3246
もちろんデジカメのカメラレンズにも使えます。愛用しているRX100IIのレンズはへこんでいるので、底が平らなHR-632でちょうど良かったです。(クリーニングチップでお掃除の前に、ブラシでホコリを落としています。)

まとめ

いかがでしたか? たまにTwitterでもつぶやいていましたが、長年、iPhoneのカメラレンズがギト付くことで悩んでいました。

しかし!「HAKUBA レンズペン2 【ビューファインダー用】 マイクロプロ BK KMC-LP9B」のおかげでその悩みから解放されました!! まさに救世主の登場ですね。

同じお悩みをお持ちの方、ぜひ検討をしてみてくださいね(^^)/。お勧めです。

スポンサーリンク
iPhoneのカメラのギトギトよさらば!「HAKUBA レンズペン2 KMC-LP9B」を買ってみたらクリアな写真が撮れるようになった件
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin