余ったHDDを高速USB3.0の外付けHDDにしよう!「玄人志向 3.5インチHDDケース」を買ってみた

不要になったパソコンを処分したときにHDDを取り出して外付けHDDとして活用しちゃおうというのが今回の記事の主旨です。しかも高速なUSB3.0のHDDケースです。

今回買ったのは「玄人志向 3.5インチHDDケース IDE/SATA両対応 USB3.0/2.0接続 GW3.5IDE+SATA/U3P/MB」。Amazonで2,480円で販売中です。

スポンサーリンク

取り付けはめちゃ簡単。HDDを取り付けるだけ

IMG_2650
開封の儀というほどでも無いので、サクサクとご紹介しちゃいます。自作キットで超有名な玄人志向さんのケースです。

パッケージはこんな感じ。4TBまで対応しています。録画機能付きテレビの外付けHDDとしても動作しますし、電源連携もするのでテレビがOFFの場合はHDDもOFFになります。

IMG_2651
パッケージの裏面はこんな感じ。SATAとIDEの両方のHDDに対応します。最近のHDDならSATA、一昔前のものだとIDEのものが多いですがどちらもOKなのは嬉しいですね。

IMG_2652
パッケージを開けると……。マニュアルがお出迎え。

IMG_2653
マニュアルの下にACアダプタとHDDケース本体。

IMG_2654
同梱物はこれだけ。縦置きスタンドやIDE変換コネクタなど付属品も充実しています。

IMG_2655
HDDケース正面より。上部にアクセスランプがあるだけのシンプルなデザイン。

IMG_2656
側面、底面は凝ったデザインやボタン類はありません。潔い。

IMG_2657
裏に端子類がまとめられています。USB3.0コネクター、ACアダプタコネクタ−、主電源スイッチがあります。

IMG_2659
それではHDDを取り付けてみましょう。今回はSATAなので変換コネクタは不要でそのまま接続できます。基板も何の装飾も無く玄人っぽいです(^_^;)。

IMG_2660
ガシッと、3.5インチSATA HDDを取り付けます。

IMG_2662
ケースに入れて固定ネジを取り付ければ作業完了。たったこれだけです(^_^;)。最大5Gbpsの通信速度を誇る外付けHDDのできあがりです。

さいごに

最近は外付けHDDもずいぶん安くなりましたが、それでもHDD単体とHDDケースを購入するほうがまだ安かったりします。大型テレビの録画用HDDとしていくつも買うなら少しでも安いほうがいいですもんね。

HDDが余っているなら尚更です。安いHDDケースにセットするだけで超高速な外付けHDDが手に入ります。久しぶりに既製品ではないHDDを使ってみましたが特に動作は問題無し。心配した動作音についてもファンレスなので静かです。

よければ皆さんも挑戦してみてくださいね〜(^^)/。

スポンサーリンク
余ったHDDを高速USB3.0の外付けHDDにしよう!「玄人志向 3.5インチHDDケース」を買ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin