デニーズでプチ贅沢なディナーを。「ドライエイジングビーフ 牛みすじステーキ」を食してみた

IMG_2604
私が子どもの頃のファミリーレストランはワクワクがいっぱいでした。家族みんなで外食をするのが楽しくて仕方ありませんでした。その後、ファーストフードや回転寿司などの競合店が台頭し、ファミレスの魅力が色あせ、足が遠のいた時代が長く続きました。

しかし!ファミリーレストランが今熱いんです。希少価値の食材を使い手間暇かけた料理をリーズナブルな金額帯で食べられる。そんな空間に生まれ変わっています。

デニーズも魅力的なファミレスに生まれ変わったレストランのひとつ。期間限定商品にも注目です。「ファミレスでプチ贅沢。」これがこれからのトレンドかもしれません。

     *     *     *

スポンサーリンク

「Winter Special」メニューを食してみた

11月26日から「Winter Special」メニューの販売を開始しました。「Winter Special」各メニューの目玉商品は、最高峰の熟成法と謳われる「ドライエイジング製法」で熟成させたアンガスビーフ、中でも肩肉の希少部位となる「みすじ」を使った新メニュー「ドライエイジングビーフ 牛みすじステーキ ~2種のきのこソースで」(税込み2,290円)です。

今回はプチ贅沢をして「ドライエイジングビーフ 牛みすじステーキ ~2種のきのこソースで」を食べてみました(^^)/。

IMG_2603
私がお邪魔したのはデニーズ中百舌鳥店。

IMG_2605
「Winter Special」メニューを注文した人だけの特権、ナイフとフォーク、ランチョンマットを準備していただきました。うーんプチ贅沢♪。

「ドライエイジング製法」についての説明が書かれていました。

「ドライエイジング製法」とは、蒸すのではなく専用の熟成庫の中で、温度・湿度・風・空気中の微生物を管理し、肉の表面を乾燥させながら熟成させる方法だそうです。この製法で熟成された「ドライエイジングビーフ」は、ステーキの本場アメリカの一流ステーキハウスや有名店などで広く人気を集めている高級熟成牛肉なんだとか。

期待が高まります。

IMG_2607
待つこと約10分ちょっと。席に運ばれてきました。

ドライエイジング製法で熟成させたアメリカ産アンガス種の牛みすじステーキに、きのこの旨みたっぷり、白色の「マッシュルームソース」、香り高く黒色の「ポルチーニソース」 2色のソースをかけたコントラストが美しいです。

IMG_2612
早速いただきましょう。もぐもぐ。

や、柔らかい……! 

IMG_2613
お肉に添えられているキノコも美味しい。松茸に見えましたがこれはポルチーニかな?味は松茸そのものでした。うむ良い香り。

IMG_2615
お肉はレアで噛めば噛むほど味がわき出してくるおいしさ。これは一度食してみる価値がありそうです。

さいごに

今回いただいた「ドライエイジングビーフ 牛みすじステーキ ~2種のきのこソースで」のお値段は税込み2,290円。これにパン&スープセットなどを頼むとプラス290円。合計2,580円となかなかのお値段になります。

「ドライエイジング製法」のお肉をいただけることを考えると決して高い値段設定では無いと思います。記念日や自分へのご褒美など、ファミリーレストランでプチ贅沢をするならばいいかもしれませんね。

久しぶりにファミレスでワクワク感を感じる事ができました(^^)/。

関連サイト


[PR by ブログタイムズ]

スポンサーリンク
デニーズでプチ贅沢なディナーを。「ドライエイジングビーフ 牛みすじステーキ」を食してみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin