郵便物の転居設定を解除する、止める方法

転居届を出したが、転送を止めたい - 日本郵便
引っ越しなどをした場合、転居届を提出すれば、郵便物を旧住所(以下A)から新住所(以下B)へ転送してくれます。転居届は3つの方法があり、「郵便局窓口で手続き」または「転居届をポストに投函(切手不要)」または「インターネット(e転居)で手続き」のいずれかで申し込みが可能です。

転送は1年間有効ですが、1年以内に元の住所に戻る場合はどうしたらいいのでしょうか? A→Bの転送を解除してB→Aの転送を再び転居届を提出する必要があります。

転居届は前述の通り3種類ありますが、郵便局のウェブサイトにも記載されている通り、転送設定を解除する、止める制度はありません

近くの郵便局へ出向き、「転送設定を止めたいのですが。」と相談すれば、「転居届を2枚」もらえます。この転居届に「A→B(転送解除)」「B→A」を書いて局員さんに渡せばOK。

同じ用紙なのがややこしいのですが、これでちゃんと手続きをしてくれます。なぜ転送を止める制度が無いのか不明ですが、覚えておくと便利です。

スポンサーリンク
郵便物の転居設定を解除する、止める方法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin