オフラインで使えるMapFan for Androidが公開&セール中!ファーストインプレッション&iOS版との機能差を見てみたよ

Screenshot_2013-10-16-17-14-31
スマートフォン、タブレットにはGoogleマップという最強地図アプリが搭載されていますが、オンラインでなければ本領は発揮されません。

iOSには、オフラインでもナビゲーション機能を利用できる「MapFan+」があり、基本機能は無料で利用でき、アドオン(30日450円から)を購入することで地図をダウンロードでき、一度ダウンロードすれば後はオフラインで利用できます。

ルート検索にはネット環境が必要になりますが、オフライン環境でも地図が閲覧できる点においては有事に心強い味方になります。

これまで、iOS(iPhone、iPad)のみ提供してきた、MapFanが遂に、Android版でもリリースされました!! 

MapFan for Android」(通常価格3,780円)です。100円からスタートし、数時間毎に値段が上がって行っています! 以下の注意点をご理解の上、購入を検討中の方は今すぐゲットしましょう! 

注意事項

  • ご利用には地図データのダウンロードが必要です。(地図データ:約4.9GB)
  • 地図データのダウンロードには、一時的に約6.2GBの空き容量、およびWi-Fiネットワークに接続している必要があります。
  • 地図データのダウンロードには15分以上掛かるため、返品可能時間内にご利用いただけません。
  • 現在地の特定には端末のGPS機能を使用しております。地下や屋内などGPSの電波が届かない場所では現在地を取得できません。
  • 一部検索機能にはオンライン通信が必要です。
  • 誘導情報は、あくまでも参考情報です。実際の道路状況や交通規制に従ってご利用ください。
  • 移動中の運転者または歩行者による携帯電話の操作・注視は大変危険ですので絶対にお止めください。必ず安全な場所に停止してから操作してください。
  • 「動作確認環境」以外の環境では動作しない場合がありますのでご注意ください。

利用期限

2015年10月末日に地図データのダウンロードとオンライン検索機能の提供を終了いたします。
ただし、端末に地図データをダウンロードいただいている場合、上記2つを除くアプリの機能は引き続きご利用いただけます。

実際に購入してみたのでファーストインプレッションと、iOS版MapFan+との差、感想などをレポートします。

スポンサーリンク

アプリの購入、地図データのダウンロード

Google Play にアクセスしてMapFan for Android 2013を購入、ダウンロードしましょう。2013年10月16日午後8時現在800円となっています。(数時間毎に価格がUPします!)

Screenshot_2013-10-16-17-08-45
アプリ本体は14MBほどですが、初めて起動すると地図のダウンロードが始まります。地図データは4.9GB。(ダウンロードサイズは2.57GB、解凍時一時的に6.2GBも容量が必要となります。)

外部メディアのSDカードにダウンロードできる機種とできない機種があるので、SDカードに保存したい方は、事前にメーカーウェブサイトを確認しておきましょう。

ファーストインプレッション

IMG_1296
まずはiPhoneで表示したMapFan+の画面を見てみて下さい。画面は小さいですがRetinaディスプレイの特性を活かし建物の形や名称がきっちり表現されています。

Screenshot_2013-10-16-18-05-02
Android版の画面を見てみましょう。7インチサイズのNexus 7 (2013) LTEです。画面が大きいので見える範囲が広いですが、これはiPadで見た場合と同様です。

気になる点としては、iOS版よりも建物の形が荒い?汚い?という点。建物の名称などは表示比率の問題があるかもしれないので一概には言えませんが建物の形は明らかに差がありました。

Nexus 7 (2013)はRetinaと同等の細かさがあるのですが、この表現力は残念です。

Screenshot_2013-10-16-18-02-29
オフラインでの利用は、Android版の方がよくできています。検索機能の画面では、オンラインでなければ検索できない機能と、オフラインでも検索できる機能が別れています。iOS版の場合は検索機能はオンラインでなければ(すべて)利用できません。

ルート検索も、iOS版はオンラインが必須ですが、Android版ならオフラインでもルート検索ができます。これも便利ですね。

iOS版では一度、地図をダウンロードするとオフラインでも閲覧できますが、オンライン環境で利用の場合、右上のアイコンを「ON」にすれば常に最新の地図を表示できます。一方、Android版には機能機能はありません。iOS版の有料版で利用可能な渋滞表示もできません。

まとめ

いかがでしたか?ファーストインプレッションと主にiOS版との差を中心に見てきました。

iOS版とAndroid版では微妙な機能差があります。なぜこのような形になっているのが不明ですが分かりにくいですよね……。

地図の描写機能もAndroid版が若干非力に感じます。まだリリースされたばかりです。今後のブラッシュアップに激しく期待したいと思います!! 

スポンサーリンク
オフラインで使えるMapFan for Androidが公開&セール中!ファーストインプレッション&iOS版との機能差を見てみたよ
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin