Nexus7(2013)LTE を買った&開封の儀&ファーストインプレッション

IMG_9984
2013年9月13日に「Google Nexus 7 (2013) LTE」が国内で発売になりました。Wi-Fi版は予想以上に高い値段設定でパスをした私ですが、LTE版の発売を密かに楽しみに待っていました。

格安SIMを入れることにより、普段はLAN環境で高速ネット環境で快適に使いつつ、外出先でもNTTドコモ回線で200kbpsと低速ではありますが、インターネットに接続できる環境を持つことができます。

常々私は、モバイル機器はネットに繋がってなんぼ。と思っているのでNexus7 LTE+格安SIMで利用することにしてみました。


スポンサーリンク

NEXUS 7 (2013) LTE 開封の儀

購入した機種は「Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/32G/BT4/LTE) ME571-LTE」。今回のNexus7はASUS製。LTE版は32GBのみ、日本での販売価格は39,800円です。

では、早速開封していきましょう。

IMG_0018
Nexus7 (2013) のパッケージはこんなんです!私が買ったのはLTE版ですが、Wi-Fi版でも同じなのかな? 

IMG_0020
パッケージの裏はこんな感じです。「nexus7 32GB」の隣に、Wi-Fiの扇マークアンテナと、携帯電波のロゴがありまs。これが、LTE版の証なんでしょうね。

IMG_0024
パッケージの1枚目を取ると真っ白な箱が現れます。右下にシンプルなGoogleのロゴが。フラットデザインですね。(違う)

IMG_0026
パッケージを開けると……。Nexus7本体とご対面〜。

IMG_0027
本体を取るとその下には……何も無いぽ。

IMG_0029
箱の中には、SIMカードスロットの開け方が書かれた用紙とピンが現れます。

IMG_0030
その下には「Nexus7保証と安全に関する情報」と「ASUSののPCリサイクルについて」の用紙が入っていました。

IMG_0031
その下にはACアダプタとmicroUSBケーブルが入っています。Android端末はmicroUSBがデフォルトですね。

IMG_9977
ひとつ忘れていました。nexus7の簡単なマニュアルが入っていました。

IMG_0032
こちらが同梱物です。最近の家電製品はマニュアル類が実に少ないですね〜。

IMG_0033
Nexus7表。まだビニールを取っていません。

IMG_0034
こちらが裏面。

IMG_0035
さぁ、ビニールを開けましょう! 

IMG_0037
本体裏面に大きく「nexus」のロゴがエンボスで書かれています。本体下に製造元の「ASUS」のロゴが。

背面はマットな質感です。Kindle Paperwhiteの質感とよく似ています。

IMG_0039
近くで見てみましょう。うーんカッコイイじゃん。

IMG_0041
Wi-Fi版では無い、SIMカードスロット。ちなみにNexus7(2013)は、microSIMです。

IMG_0042
本体下部に充電コネクタと右スピーカーがあります。そう、Nexusはステレオスピーカーです! 

IMG_0043
反対側、本体上部に、左スピーカーとイヤホンジャック、アウトカメラがあります。

IMG_0044
本体右側に電源とボリュームボタン。ボタンは以上。とってもシンプルです。

IMG_0045
おもて面にはひとつも物理ボタンはありません。

IMG_0046
右上にインカメラがあります。

IMG_0052
Nexus7 LTEの電源を入れて初期設定をしましょう。SIMカードは未挿入の状態でWi-Fi接続をして初期設定をしました。もちろんPC要らずです。

以上で開封の儀は終了です。お疲れさまでした。

動作速度・画面表示・音質は?

Google Nexus 7 (2013) LTEは、OSはAndroid 4.3 JellyBeanを搭載し、CPUはSnapdragon S4 Pro(APQ8064) 1.5GHz クアッドコア、GPUはAdreno 320、メモリは2GB。

前機種と比較してCPUは1.8倍、GPUは4倍の性能なんだとか……。メモリは物理的に2倍になっています。

前機種のNexus7(2012)は店頭でしか触ったことがありませんが、感想としては「それほど変わっていない」です。2012で既にサクサク快適な域に達しているとも言えるのかもしれません。

しかし、速いCPU、GPU、多いメモリはバッテリー問題さえ発生しなければ速くて多いのは大歓迎です。

IMG_9985
ディスプレイは7インチディスプレイ、1920×1200(WUXGA)。323ppiもあります。肉眼でドットの荒さはまったく気になりません。

ディスプレイの発色もよく視野角度もまったく問題無しです。明るさにムラはありません。ディスプレイはどこまで細かくなるのでしょうか?? 

最後に音質についてです。Nexus7はステレオスピーカーを搭載しているため、クリアな音質を実現しています。一方で重低音は弱いと感じました。音に軽い印象を受けました。

Nexus10のステレオスピーカーを体験していますが、それと比べると物足りなさを感じました。いずれにせよこの本体サイズでこの音質を実現したのは素晴らしいと言えるでしょう。

さいごに

Nexus7(2013)LTEの開封の儀&ファーストインプレッションをお送りしましたが何だかWi-Fi版とあまり変わらない内容だったと思います。

次回の記事で、BICSIMを使ってLTE/3G回線の使用感と、Wi-Fiの感度、GPSの感度について書いています。

使用時間はわずか1時間程度ですが、不満点は特に見つからず、iOSに慣れきった私に取っては、iOSとの操作の違いや文字フォントの違いに違和感を感じる程度です。

サクサク動作しますし、iOSにはできない柔軟なアプリ間連携などが今後、いろいろと弄って楽しみたいと思います! 

Google Nexus 7 (2013) LTEを買って良かったか、後悔しているか?と聞かれると、当然、「買って良かった!」と答えます!!はい!!! 

スポンサーリンク
Nexus7(2013)LTE を買った&開封の儀&ファーストインプレッション
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin