LinkshareからPHGに変更したのでまとめてみた(申込、違い、コード変換)

アップル - iTunes - iTunesパートナー - アフィリエイトプログラム
これまでiTunesの商品(iPhoneアプリや、Macアプリなど)をブログで紹介する時は、リンクシェアのアフィリエイトプログラムを利用していましたが、アップルの方針により、PHGに切り換えられることになりました。

2013年10月1日以降、リンクシェアのアフィリエイトはカウントされなくなります。(リンクが切れるかは不明)この話題は少し前から大騒ぎになっていたので認識していましたが、時間が取れなかったのと、「10月までにやればいいや。」と思っていたので放置していましたが、ようやく時間が取れたので、対応をしました。

今回はリンクシェアからPHGと変更する際の情報をまとめておきたいと思います。「まだ、やってないよ〜」という方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

リンクシェアからPHGへ変更のポイント

まずは基本的なところから確認をしておきます。

  1. アップルからPHGへ変更を発表
  2. 2013年10月1日にLinkshareのアフィリエイトコードは動作しなくなる
  3. PHGの紹介料は4%→7%へアップ
  4. PHGに申し込みを行おう
  5. 旧アフィリエイトコード(リンク)をPHGに張り替えよう
  6. 新しいリンク生成ツールの方法

1.アップルからPHGへ変更を発表

PHGへの変更はアップルより発表されました。アップル様の決定事項なので従います、はい。

iTunes, App Store, iBookstore, and Mac App Store Affiliate Resources – Important Affiliate Program Changes

2.2013年10月1日にLinkshareのアフィリエイトコードは動作しなくなる

10月1日に現在のアフィリエイトが動作しなくなります。恐らく当面は「リンク切れ」になることは無いと思われますが、早めに切替が必要です。

3.PHGの紹介料は4%→7%へアップ

紹介料はLinkshareの4%からPHGでは7%にアップします。リンク切れリスクを回避する、という意味合い以上にも機会損失を少なくするために、すぐにでも切り替えをしたほうが良さそうです。

4.PHGに申し込みを行おう

iTunesアフィリエイトプログラムページから申し込みが必要です。私の場合は、申し込んだ翌日に許可の通知が届きました。移行期なのでスピーディなのかもしれませんね。

アップル – iTunes – iTunesパートナー – アフィリエイトプログラム

5.旧アフィリエイトコード(リンク)をPHGに張り替えよう

PHGの申し込みに通過すれば、Linkshareの旧URLをできるだけ早く切り換えましょう。完了メールにアフィリエイトIDが記載されていますのでメモをしておきましょう。私のコードは「11l6p8」でした。

記事数が多い場合は書き換えが大変です。

WordPressをお遣いの場合は、方法としては大きく2種類あります。データベースを一括で書き換える方法と、プラグインを使う方法。詳細は以下のサイトをご覧ください。

過去の記事を一括で書き換える方法
ひとりぶろぐ » WordPress上のApp StoreアプリのLinkShareリンクを新アフィリエイトプログラム(PHG)のものに書き換える方法

WordPressのプラグインを使う場合
[WordPress] LinkShare を PHG のアフィリエイトリンクに置き換えるプラグイン「LinkShare To PHG」を作りました | ラクイシロク
Performance Horizon Group(PHG)が移行先として用意されています。 …

結論から言うと、私の場合は変更箇所が1,500箇所以上あったため、データベースを一括で書き換える方法はSearch Regexがうまく動作せず切り換えられない事があったため、いったん断念しました。

しばらくはプラグイン「LinkShare To PHG」を利用することにしました。

6.新しいリンク生成ツールの方法

アップルが公式にアフィリエイトサービスに乗り出した事により、アフィリエイトのリンクコードも簡潔になりました。

Apple Storeなどで入手したリンクの最後に、「&at=11l6p8」と「アフィリエイト・トークン(アフィリエイトID)」を追記すればOKです。

ユーザーに取ってはアフィリエイト付きか否かはリンクからは一瞬では分かりにくくなりましたが、扱いやすくはなりました。

公式ツールを利用する

もっとも安全で仕様変更があった場合も安心して利用できるのが公式ツールでしょう。各種ツールも準備されています。

この中で、Auto Link Makerが特にお勧め。Javascriptsを予め埋め込んでおくことで、普通のリンクを書くだけで自動でアフィリエイトリンクを追記・埋め込んでくれます。

iTunes, App Store, iBookstore, and Mac App Store Affiliate Resources – リンクの作成方法

AppStoreHelperのPHG対応版を使う

Macユーザーでしたら、AppStoreHelperのPHG対応版を使うことで簡単に、きれいなリンクコードを生成できます。

ひとりぶろぐ » App Store取り扱いアプリのリンクタグを生成するブロガー用ツールAppStoreHelperのPHG対応バージョンアップ

まとめ

LinkShareからPHGへの切り替えで面倒だな、と思っていましたがまとめてみると意外と簡単でした。

  • 「PHGに申し込む」→ 約1日で完了
  • 「WPプラグイン LinkShare To PHG」をインストール → 約10分で完了

たったこれだけでした。

周辺のことを調べたりこの記事を書く方がよっぽど時間がかかりました(^_^;)。今後、PHGで振込先情報を設定したり、管理者画面の見方を確認したりとやることはありますが、まずは一安心。

現在は、プラグインでリンク先を書き換えていますが、恐らく9月直前になれば素晴らしい変換ツールがリリースされるとほのかな期待をしています。(他力本願!(^_^;))その時に、まとめてやろうかな、と思っています。

ぜひ参考にしてくださいね! 

スポンサーリンク
LinkshareからPHGに変更したのでまとめてみた(申込、違い、コード変換)
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin