Flickrにアップした枚数が10万枚を突破しました!容量制限までまだまだ余裕な件


みなさん、flickrを活用していますか?2013年5月に大幅リニューアルを実施したflickr。オリジナル画像サイズ保存OK、保存枚数制限なし、保存容量1TB、これですべて無料!と最強フォトストレージサービスとなりました。

iPhoneはもちろんスマホやすべてのデジカメ写真のバックアップ先としてflickrを使うことをオススメする記事を以前書きましたが、私もすべての写真をflickrへアップロードしています。

Flickrにスマホの写真をアップロードするなら、これだけは必ず設定しよう!! | ひとぅブログ

そしてついに写真の枚数が100,000枚を突破しました!! 

スポンサーリンク

総容量は0.2TB!まだまだ余裕です


10万枚を突破した私のフォトストリームですが、デジカメで撮影した写真はもちろん、ブログで利用する画面キャプチャなどすべてをアップロードしています。動画は少しありますがほとんどアップしていません。(動画はYouTubeへアップロードしています。)

総容量は画面右上のアカウントアイコンをクリックすると確認できます。「0.2TB」。過去10年以上の写真をすべてアップロードしてもたったこれだけの容量とは・・・。1枚あたり2MB。解像度が低い時代のデジカメや画面キャプチャ、iPhoneで撮影した簡易な写真があるため、だいたい1枚2MBというのはそんなもんかな?という感覚。

1TBを使い切るにはあと5倍もあると思うと実質容量無制限といっても良さそうです。使い切ることには1TBの容量制限も増量されている可能性も高いですし。

写真の整理はSETとカレンダーでOK!

fickrにすべての写真をアップすることを決めたときに一番心配だったのが、「フォトストリームがぐちゃぐちゃになって収集がつかなくなるのではないか?」という点です。

しかしイベントごとに写真をSETでまとたり用途で写真をまとめることで、その不安は解消されました。通常のフォトストレージサービスは、写真1枚に対して1つのアルバムに格納することになりますが、flickrでは1枚の写真ごとに複数のSETに登録できるのです。

どういうことかというと、8月にアップした写真は「201308」というSETを付けるとして、「広島旅行」というSETで旅行の写真をまとめたい場合、1枚の写真ごとに「201308」と「広島旅行」の両方を設定できます。

イメージで言えば、「タグ」の使い方に近いのですが、flickrでは「タグ」もあるのですが、「SET」もあります。なぜふたつあるかといえば、SETはアルバムに近いイメージで利用シーンを想定されていて、タグはまさにタグの利用シーンを想定されています。

写真ごとにSET、タグ、公開範囲などをすべて自由に設定できる柔軟性がflickrの最大のメリットと言えます。いろんな角度から写真を閲覧することができるのです。

また、flickrにはアーカイブ機能では年月で絞り込んだ表示も得意です。10年前の写真をみる場合もカレンダーですぐに探すことができます。flickrは大きな機能変更が無いと不満の声もありますが、サービス開始当初から良くできたシステムであった、とも言えます。

さいごに

何だか最後はflickr絶賛の嵐となっちゃいましたが(笑)、世界最強のフォトストレージサービスを使わない手はありません!まだ利用されていない方はぜひ使ってみてくださいね! 

ちなみに私は、5月のリニューアル前にプロ会員になっているため1TBの容量制限はありません。そのため画面上では「Unlimited」となっています。無料会員の方は、「1TB」と表記されていると思います。

スポンサーリンク
Flickrにアップした枚数が10万枚を突破しました!容量制限までまだまだ余裕な件
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin