MacBook Airで使える激安DVDドライブ(DVSM-PC58U2V)を買ってみた→安いけど注意が必要です!

こんにちは。MacBook Airを毎日持ち歩いている@hitoxuです。私はMacBook Air (11-inch, Mid 2012)を愛用しています。

MacBook Airは携帯性に優れていますが、CDドライブ(DVDドライブ)が未搭載です。普段の作業で99%問題は無いのですが、CDをiTunesに取り込みたい時など、ほんと希に必要な時があるんですよね〜。

そこで今回は、激安のDVDドライブ「BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ ホワイト DVSM-PC58U2V-WH」を買ってみたのでレポートします! 

スポンサーリンク

DVDドライブ搭載のWindows PCがあればCD/DVD共有が可能、でもiTunesのCD取り込みはできない

DVDドライブが搭載されたWindowsPCが同一ネットワーク内にあれば、共有することで、MacBook AirでもCDやDVDが利用できます。

参考:アップルサイト「DVD or CD sharing:リモートディスクを使う

しかし、この方法で共有した場合、iTunesにCDの音楽を取り込むことはできないようです。

ネットワーク経由で、ドライブを共有すると何かと不安定なので、激安ドライブを買った方が手っ取り早い!ということで買っちゃいました(^_^;)。

3,000円以下の激安DVDドライブで本当に大丈夫?

MacBook AirでDVDを使いたい場合、Apple純正品を買うのが一番安心なのは言うまでもありません。しかし、純正品の「Apple USB SuperDrive」は6,800円と高い……。

MacBook AirでDVDを使うことはほとんど皆無なだけに、この出費は痛いです。そこで、激安DVDドライブの登場です。目を付けたのは、Amazonでも評価が高い「BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ ホワイト DVSM-PC58U2V-WH」。

この商品はバスパワー対応でUSBケーブルを刺すだけで外部電源不要で使えるのですが、注意が必要です。MacBook Airが給電できる電力は、5V/500mAと貧弱です。

このドライブは給電用にもう1本USBケーブルもついているのでいけるかも……だめかも??うーん、悩んでいても仕方ないので買って試してみたよ!! 

開封の儀

では早速、開封をしていきましょう。

このモデルはバリューモデルなので、DVDビデオ再生ソフトは入っていません。ご注意くださいね〜。

パッケージ側面。こんなところに保証書が。購入者の90%以上は気づかなかったり、または切り取るのが面倒だったりでそのまま箱を捨てちゃうでしょうね……。もしかしてそれが狙い??(^_^;)。

もう一方の側面にはスペックが記載されています。

パッケージ背面にはバスパワーと付属ソフト(Windows版のみ)の説明があります。

さぁ、開梱しよう!……と思ったらこんなところに、保証契約約款が……。ここまでコスト削減しなくても(^_^;)。

さて本体のお出ましです。MacBook Airにあうようにホワイトにしました。(が、色あせなどを考えるとブラックがよかったかも、と後になって後悔(^_^;)。)

同梱物は本体とWindows用ソフトと電子マニュアルが入ったCD-ROM、そしてセットアップシートのみ。シンプル! 

では本体を詳しく見ていきましょう。本体正面はBuffaloのロゴがホワイトにエンボス加工されていてオシャレ。

Apple純正ドライブはスロットローディングタイプ(CDが吸い込まれるタイプ)ですが、Buffaloのこの製品は、トレイタイプ。私はこっちの方が故障のリスクが少ないので好きかな。

右側面に盗難防止ロック用の穴があります。

背面。

左側面。USBケーブルが本体にセット・収納できるのがいいですね。

底面にはUSB1本で給電が足りない場合のバスパワー用USBケーブルがもう1本格納されています。

本体背面にはDC5Vアダプタ(別売り)の接続用端子があります。

以上で開封の儀は終了です。お疲れさまでした。

MacBook Airに繋いでみよう!

では使ってみましょう。

本体上部のランプがブルーになれば、準備OKです。レッドに点滅なら電力不足です。

……赤色が点滅しています。電力不足です(T_T)。

MacBook Airをバッテリーのみの時、ACアダプターを繋いだ時の両方ともでダメです。もう一方の右側のUSBポートに繋いでみてもダメです。使えません。え〜(T_T)。

試しにWindowsPCに繋いでみると、数秒で青色が点灯。やっぱり本体の問題ではありません。

では、もう1本のUSBケーブルをMacBook Airのもう1本のUSBポートに繋いでみましょう!! 

ケーブルが短くて届かない……(T_T)。

USBハブを繋いだら使えた

USBケーブルを延長してなんとかもう一方のUSBポートにつなげよう、と思い、以前買っていたUSBハブで繋いでみると……。

なぜかUSBケーブル1本で使えました(^_^;)。

供給されている電力量は変わらないはずですが、MacBook Air→DVDドライブに直接接続した場合は、青ランプになりませんでしたが、MacBook Air→USBハブ→DVDドライブと接続すると、青ランプになりました。

私が使ったUSBハブは、「iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック BSH4U06BK」です。
何度やってもOK。USBハブを通ることで電力がUPするのか?まったく根拠はありませんが、これはラッキーでした。

あまりにも根拠が無いレポになっちゃいましたね。

オススメはやっぱり純正の「BUFFALO 外部電源供給用ACアダプタ AC-DC5-BK」を買われた方がいいかもしれません。

ACアダプターを買っても4,000円程度とそれでも、Appleの純正DVDドライブよりもまだ3,000円近くも安いですもんね〜。

最後に

最後に、グダグダなレポートになっちゃいましたことをお詫びします(^_^;)。

どちらにせよ、本体についているUSBケーブルだけでは1本では電力不足なのと、2本目のUSBケーブルは短すぎるので、そのままではMacBook Airで使えないので注意が必要です。

MacBook AirでCD/DVDドライブをお探しの方の参考になれば幸いです(^^)/。

スポンサーリンク
MacBook Airで使える激安DVDドライブ(DVSM-PC58U2V)を買ってみた→安いけど注意が必要です!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin